一番簡単なシンガポールマーケットから販売を始めよう!

2020/09/16

<シンガポールへの越境販売>


東南アジア・台湾で最大規模のネットモール、Shopee(ショッピー)では日本から各マーケットへ越境販売していただくセラー様を募集しています。


現時点の日本越境アカウントでは、シンガポール、台湾、マレーシア、タイ、インドネシアの5つのマーケットへの出店が可能です。


その中で初めてShopeeをご利用される日本のセラー様には、シンガポール からの出店を強くおススメしています。


なぜ数あるマーケットの中で、シンガポールから出店するべきなのか、ここで解説していきます!


Webp.net-gifmaker.gif


<規制が少ないシンガポールマーケット>


シンガポールからの出店を推奨している理由の一つに、日本から越境販売をする上で規制が少ないことが挙げられます。


例えば郵送による場合、価額が400シンガポールドルを超えない商品は、関税およびGSTの支払いが免除されます。個人使用と認めた場合に限定して免除が適応されますが、Shopeeの日本越境販売はコンシューマー向けとなりますので、簡易通関が認められ免税となります。


さらに、越境販売が規制されている商品が他のマーケットと比べて少ないです。高級化粧品、食品やサプリメントなど、他国では規制がかかる傾向にあるカテゴリーも、シンガポールでは問題なく販売していただけます。


しかし、チューインガムの販売が規制されているのは、シンガポールならではですね!




<英語が使えるシンガポールマーケット>


越境販売において一番の壁は言語です。しかしながら、アジアでは各国独自の言語が多い中、シンガポールの公用語は英語となっているため、比較的日本のセラー様にとって取り組み易くなっています。


英語での商品情報を作成するのが難しい場合は、外部の無料翻訳ツールを使用して日本語から英語へ翻訳しているセラー様も多くいらっしゃいます。




<日本の商品を求めているシンガポールマーケット>


シンガポールでは流通している殆どの商品が輸入されたもので占めています。国内総生産(GDP)に対しての輸出輸入額の比率を示した輸入依存度は、日本が29.30%のところシンガポールはなんと231.52%に及びます。そのためシンガポールには、輸入品・越境商品に対して非常に寛容的な国民性があります。


そして、一人当たりの所得が日本より高いシンガポールでは、日本の商品の価格設定に抵抗なく購入されるケースが多いです。


他のマーケットでは、全体的に安価な商品が好まれますが、シンガポールでは安価な商品はもちろん、化粧品などの高価で高品質な商品にも需要があります。


そのため、日本のプレミア価値が付いた高級商品もお取り扱いしやすいマーケットです。



<Shopee(ショッピー)で始めよう>


ネットモールShopee(ショッピー)を通して、日本からシンガポールへ越境販売を始めませんか。


以下のShopee Japan 公式サイト内「アカウント申請」より簡単なフォームを記入していただくだけで、日本越境アカウントの申請をしていただけます。

http://www.shopee.jp/


申請後、数日後にアカウント本登録用メールをご案内いたします。そちらのメールより本登録を済ませると直ぐに出店していただけます!




<ご連絡先はこちら>


Shopee Japan 公式ウェブサイト

http://www.shopee.jp/


Shopee Japan 公式Facebook

https://www.facebook.com/Japancrossborder/


Shopee Japan 公式Twitter

https://twitter.com/japanshopee


Shopee Japan メールでのお問い合わせ

 crossborderjp@shopee.com